薬剤師の求人と育休などの体制

優秀な人材確保のためには経営者の意識改革も

これからの日本では少子高齢化の急速な進展で、現場での人材不足が急速に進むとみられます。
また、高齢化の問題は薬剤師の仕事量も増加させることが想定されています。
高齢になれば誰しも病気などを抱えやすくなるからです。
医療機関を受診し、処方される薬の数も多くなります。
そんなときに、現場で働く薬剤師が不足をすれば、患者もまたその処方箋を受けとる薬局も困ってしまいます。
したがって、様々な手段を講じて、医療の専門職をつなぎ止める努力が企業や医療機関等には求められる時代になってきいるのです。
この理解が遅いところは、いずれ近い将来において、人材不足に嘆くことになるでしょう。
そのときに慌てても遅いのです。
早めに優秀な人材を確保すること、またその人材に逃げられないように、育休を始めとする体制の整備を行うことが急務となっています。
こうした意識を持てなければ、いずれは淘汰されていくことになるのは明白です。
迅速な体制の整備が必須であり、経営者の意識改革も必要不可欠なものです。

かつては結婚や出産を機に離職するのが当たり前給料だけで人材を集めるのは難しい時代優秀な人材確保のためには経営者の意識改革も